カラコンについて

カラコンを安全に使うために注意すること

カラコンは瞳の色を変えられるので若い女性を中心に人気となっています。
しかし、コンタクトレンズとは違うので目のケアにも一層注意が必要です。
カラコンは色や柄を出すためにガラスの素材を両側ではさむ形で作られています。
通常よりも厚みが出て目への酸素が通りづらくなります。
そのため、瞳に対する負担が大きくなってしまいます。
負担を小さくするなら朝起きたあと30分以上経ってから装着しましょう。
朝起きてすぐはあまり涙が出ない状態にあるからです。
また、初めて使用する方は最初は短時間の装着をお勧めします。
普段コンタクトレンズに慣れている人でも、カラコンは着け心地が異なります。
長くても6時間前後にとどめておきましょう。
寝ている時も装着できるコンタクト連巣がありますが、カラコンは就寝時に必ず外して寝ないといけません。
カラコンを保存液でケアする際も注意が必要です。
一部の保存液には、過酸化水素消毒剤やヨウ素消毒剤などカラコンで使用できないものがあるためです。
購入する際はカラコンも使えるかどうか確認しましょう。

Copyright(c) カラコン All Rights Reserved.